読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さーぶろぐ(仮)

ついに2度目の退職、無職の世界に舞い戻ってきた。さてどうするか...働くの嫌い、人嫌い、身軽に生きたい...そんな実家&セカンドハウスで暮らす28歳無職がこの先を考えつつ色々語るブログ

洗濯機持たない主義の洗濯

ミニマリストに少しだけ憧れがある私、さーですが

めんどくさくてモノが捨てられないタイプなので、なかなかミニマリストは難しいですが、モノは増やさないようにしています。

で、大きいものを持つのも嫌いなので、セカンドハウスには冷蔵庫や洗濯機など、いわゆる「白物家電」というものがありません。

となると、洗濯は手洗いということになりますが、まあそんなに苦になりません。ひとり分ですしね。

洗濯物が溜まったときや、布団カバーなど大きなものを洗うときは、コインランドリーを利用したりします。

 

手洗い洗濯を実践している方々のブログ等を、ネットで色々調べました。

浴槽にお湯をためて足で踏み踏みするという方法を見て、初めはそれでやっていました。

でも最近は、洗面台にお湯をためて、少しつけ置き洗いしてから、押し洗いしています。

1日分くらいならこれでいけます。

 

しかし問題がありました。

脱水、です。

まあいちいち絞ってやるんですけど、あんまり強くやってると疲れるし、服も傷むから良くないというし。

で緩めに絞って干すわけですけど、そうすると、水滴がポタポタ落ちるわけですよ。

ちなみに、前は外に干していたのですが、特に今の季節は干すために窓を開けるのが嫌なので(虫対策)、部屋干ししています。

それに、下のほうに水分がいって、その下の方がなかなか乾かない・・・

 

そこで、手洗い洗濯している人は、脱水問題をどうしているのか調べました。

脱水のみ洗濯機を利用している人、脱水機を購入した人、ポタポタ落ちてもいずれ乾くからそのままの人・・・色々いらっしゃいました。

洗濯機は買う気はないし、まぁ脱水機くらいあってもいいかなぁ・・・と思っていた矢先。

バスタオルに水分を吸わせてから干す方法をやっている方がいらっしゃいました。

 

すすぎが終わった洗濯物を軽く絞り、広げたバスタオルの半分に配置、そのままもう半分を折りたたんでかぶせて、押すようにして水分をタオルに移す。そしてそのまま絞ってさらに水分をタオルに移す。

そうすると洗濯物の水気がかなりきれていて、すぐ乾くようになる、と。

さらに、ハンガーに掛けて干す場合、ハンガーにバスタオルをかけてから洗濯物を掛けて干すと、乾きが早くなると。

 

家にはちょうどマリーンズショップで買った、マリーンズしろたんのビッグバスタオルがあるので、それを利用することにしました。

すると・・・

たしかに、だいぶ楽に脱水できます。

水が滴ることもありません。

 

今日は、ずっと洗わないとと思っていた、ロッテ石川くんのレプリカユニ(ホーム)を洗濯しました。

前にいきなりステーキ食べたときに、ステーキソースをこぼして汚れてしまったんですよね、一応水で応急処置はしたはずなんですけどそのままにしていて、茶色の汚れは残ったままでそのままでした。

それからはしばらく涌井くんのビジターユニを着て観に行っていましたww

ビジター用は黒なんでね↓

f:id:saa3:20160808020342j:plain

f:id:saa3:20160808020341j:plain

 

で、話を戻して、石川くんのユニフォームを洗った件ですが、

昨日、今流行の「セスキ炭酸ソーダ」で3時間ほどつけおきして、汚れがまだ残ってたので固形石鹸でゴシゴシして、液体洗剤入れたお湯に他の洗濯物と一緒に一晩つけおきした。

そして今朝・・・綺麗になってた!!

f:id:saa3:20160808021535j:plain

前は襟袖の黄ばみとか、下のほうの例のステーキソースの着色とか、けっこうあったんですよ。

これで来週これ着てマリンに行けます!!

何度かすすぎをし、柔軟剤を切らしているので、代わりにクエン酸とハッカ油を投入したお湯に少し浸けてから、バスタオル水切り法を実践してから干した。

f:id:saa3:20160808021523j:plain

一番右の折りたたんで干してるのが、水切り担当のビッグバスタオル。

ユニはハンガーに乾いたタオルを掛けてから干す方法も実践。

f:id:saa3:20160808021548j:plain

そしたら・・・夜には洗濯物が乾いていました!

なお水切り担当のバスタオルが一番ダメージ受けていた模様で、乾くの時間掛かりそうです。

 

手洗い洗濯すると、バスタオルって大変になるから使わなくなっていた(風呂上りはフェイスタオル+手ぬぐいで対応)のですが、こういう使い道がありました。

これから脱水担当として頑張ってもらいます。