読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さーぶろぐ(仮)

ついに2度目の退職、無職の世界に舞い戻ってきた。さてどうするか...働くの嫌い、人嫌い、身軽に生きたい...そんな実家&セカンドハウスで暮らす28歳無職がこの先を考えつつ色々語るブログ

森山直太朗ってやっぱりすごい

昨日、FNS歌謡祭を観ていた。
 鬼束ちひろさんや、JUJUさんなど、やっぱり歌が上手な人ってすごいと改めて思ったし、
あんなに上手く歌えたら気持ちいいだろうなぁとつくづく思った。
もちろん、アイドルみたいに歌の上手さ以外の要素が重視される音楽も好き。
子供の頃にジャニーズJr.全盛期(タキツバや嵐や関ジャニがJr.だった頃)を観ていた私としては、生田斗真が歌って踊っているところを久々に見ることができて、感動した。

V6の最新曲は秦基博が提供した曲だが、初めて一緒に歌っているところを見た。
V6も秦基博も好きだからこの曲は私得な曲のはずなのに、なんかV6がこの曲を歌ってるときは特別印象には残らなかった。
でも昨日秦基博が一緒に歌っているのを見たら、一気に好きになった。
いや別にV6が良くないというわけではなくて、たぶん私はV6にダンスナンバーとかを求めてるからだろう。

すごくよかったと思うのは、秦基博森山直太朗が「70億のピース」歌ってたとき。
前に秦基博森山直太朗が「ひまわりの約束」を一緒に歌っていてすごく感動した覚えがあるが、
それを上回るインパクトだった。
というのも、歌番組で普通に秦基博がこの曲を歌っているのを聞いたときは、良い曲だとは思ったけどひまわりの約束ほどインパクトはなかった。
でも、昨日森山直太朗と一緒に歌ったの聴いたら一気に気になる曲になった。
もちろん秦基博単体で十分良い曲。
しかしなんというか、「おでんにわさび入れてみたらすげー美味かった!
というか、あれ?おでんって超美味くね?」
みたいな改めて気づかされたことというか。

そして森山直太朗が久々な「生きとし生けるものへ」歌ってたけど、感動してしまった。
もう、私の表現力がなくて、月並みな言葉しか言えないのがもどかしいが。
元々好きな曲で、シングルも買って持ってる。
でも昨日改めて歌ってるのを見たら、すごいしか言えないけどすごいと思った。
私は森山直太朗が一番いい歌い手だと思っている。
私は音楽の玄人でも評論家でもないし、何が良いのかすごいのか、ちゃんと説明できない。
でもとにかくすごいと思ってる。
「さくら」の一発屋と思ってる人も多いかもしれないが、確かに売り上げや知名度で言えばそうかもしれないが、私はこの人ほど歌を歌うことで心を揺さぶられた人はいない。
なんというか、色々たくさん好きなアーティストの好きな曲はある。でもこの人に関しては、この人が歌う歌が好きって感じだ。

なんというか、好きな曲聴くときは、曲に合わせて一緒に歌いたくなる感じ。
でも森山直太朗に関しては、「じっくり聴き入ってしまう」感じ。

私は、元々注意力散漫なのか他人に興味が薄いのか分からないけど、他人の言葉や思いに注視したり耳を傾けることが苦手だ。
学校の先生の話や、会社の朝礼なんかが苦手で、人が話してるときに無意識に他に意識がいってるらしく、大人になった今でも未だに怒られるほどだ。
聞いてるつもりなんだけどね。でも確かに、気がつくと別のこと考えてるんだよね。
たぶん私は心の奥で、「人の話なんて適当に聞いときゃいいし、自分の話だって適当に聞き流されてる、そんなもんだろ」って考えがある。
私はみんな人の話って別のこと考えながら適当に聞いてるもんだと思ってたよww
怒られるってことは、違うんだろうけどね。

でもそんな私が、森山直太朗の歌は、「ちゃんと聞く」のだ。
森山直太朗が歌で思いを伝えていると、私は「自然と」、目や耳や体を傾けて、しっかりその思いや、彼が伝えようとしていることを、聞こう受け止めようという気になるのだ。
これはすごいことだと思うんだよな。

「ちゃんと話聞いて!」って昔からよく言われて、「えっ、聞いてるのに...」ってずっと思ってたけど、
この「ちゃんと話聞いて!」の意味がやっとわかった気がする。

森山直太朗の話(歌)は、「自然と」しっかり聞いてるんだよね。
不思議だよ。
森山直太朗が「ちゃんと話(歌)聞いて!」って私に強制するわけでもないのに、
自分からちゃんと聞く気になるんだもん。

世の中の人に言いたいわ。
ちゃんと話聞いて欲しいなら、惹きつけられるように話せばいい。
そうじゃなければ、話半分に聞かれても仕方ないぞ。
人に強要する前に、自分に何ができるか、どうすれば聞いてもらえるか考えれば?
聞きたいなと思う人や話は、強制されなくたって、自分から聞きたくなるもんだよ。
ちゃんと聞いて欲しいなら、そうなるように自分が頑張れよ。人に強制するんじゃなくて。

私は自分の存在自体ちっぽけだと思ってるし、大した話できないと思ってるから、人が適当に話聞いてても仕方ないと思ってる。
聞き流してくれて構わないし、聞いてくれてるだけありがたいと思ってる。
このブログだって、ただのチラシの裏みたいなもので、ちゃんと読んでわかってほしいとか思って書いてない。
こんなこと考えて生きてる奴もいる、読みたい人がいれば読めばくらいの気持ちで日記ではなくブログにしてる。

だから、森山直太朗すごいと思うんだよな。
歌うことで自分の言葉を「聞かせる」んだから。
あの人の歌う歌好きだな。
魂が伝わってくるというか...難しいな。
こんな気持ちになったことがなくて。